「ふみの日」の切手

7月23日は文月の「ふみの日」ですね。
毎年ふみの日にちなんだ切手が発売される日でもあります。「ふみの日」は、1979(昭和54)年、当時の郵政省が「ふ」と「み」の語呂あわせで毎月23日を「ふみの日」として、手紙に親しむ活動を全国的に展開したことが始まりだそうです。

早速、郵便局でふみの日の切手を買ってきました。今年は裏がシールになっているシール切手なんですね…。私はシール切手よりも、従来の裏に水をつけて貼るタイプのが好きです。
あの薄い紙を、ミシン目のような穴にそって慎重に切り離していく感触や、紙の質感のマットな感じが気に入っています。最近の記念切手はシールタイプが多くて少し残念。



文月の由来をWikipediaで調べてみました(以下引用)。
旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いる。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。

こんな由来を知っていると、文月にちなんだ切手やはがきなど、手紙道具を選ぶヒントになりますね。

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre