手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定座学講座(2015.7.18.sat.)

7月18日(土)に手紙文化振興協会が主催する認定「手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定口座(座学)」講座を担当しました。

この講座は、2回目。

2回目になると慣れてきて、ほんの少しだけ余裕をもってできたと思います。今回は、お一人の方がコンサルタント講座にも進み、先日コンサルタントに認定されました。

座学講座が通信講座と併設されているのは、テキストと添削でも手紙の勉強はできますが「百聞は一見にしかず」のひと言!テキストやむらかみ先生の著書に書いてあっても、講師の話を実際に聞いたりワークをしたりすることで通信講座で学んだことの復習になり、その学びが肚に落ち理解が深まります。また、対面で接するからこそできる質問もありますし、受講者同士で共有することでご自分の悩みが解消されることもあります。

通信講座から始めると、実際にお会いして学ぶ座学、講座のカリキュラムにあるワークなど、ちょっと苦手だなぁと思われる方も少なくないと思います。講座を行うたびに感じることは、その不安を一歩乗り越えて参加されることで通信講座が活きてくるのではないかな?ということ。教える側の私が言うのもおかしいのですが…。

通信講座を受講されたら、ぜひ時間をつくって座学にもご参加いただけたらと思います。皆さんで手紙の悩みやアイディアなどを共有できる時間にもなりますよ。

コメントの投稿

Secre