大切なあの人へ ラブレターを書こう!

おはようございます、明日はバレンタインデーですねぇ。

今年は本命、義理チョコ、友チョコブームも過ぎ、自分へのごほうびチョコが流行っているとか…。ごほうびチョコも素敵ですが、一年に一度のこの日に恋人や旦那さん、家族へラブレターを添えてチョコレートを贈ってみては?もちろん、思いをよせるあの人にも…。

と、おすすめしている私もラブレターなんて書いたのはいつのことやら…。

そこで何かヒントがないかと、ラブレターの意味を広辞苑でひいてみました(笑)。

ラブレター:恋文。艶書。
恋文:恋慕の情を述べた手紙。

と、ありました。う~ん、まんまですね。

こんなことをしていたのも、つい先日、手紙文化振興協会の理事長むらかみかずこ先生(私の手紙の先生です)の本「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」を読んでいたからです。

150213.jpg

この本では、一年を通してのシチュエーションと文例が掲載されているので、バレンタインデーに書くラブレターもあれば、母の日や父の日に書くラブレターもあります。近しい人だからこそ、感謝の気持ちや素直な気持ちをなかなか伝えられないこともあります。

そんな方は、イベントにかこつけて、手書きの手紙で思いを伝えてみませんか。「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」を読むと、誰かにきっとラブレターを書きたくなりますよ♪


●Amazonでも購入できます。
「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」(原書房 2012.7発行)

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre