シティ ガールズ アカデミーで一筆箋の講座を行いました

昨年10月のことになりますが、サンケイリビング新聞社が発行「オフィスで働く女性のための情報誌『シティリビング』」が主催する「シティ ガールズ アカデミー」で、講座を行いました。

「この秋は“学んで磨く”女子力アップ」という講座の中のひとつで、「仕事で使える “手紙術” 一筆箋&メールの書き方」というテーマで開講しました。

150127_01.jpg

一筆箋とメール…、手書きの手紙の書き方をおすすめしているのに(?)と思われるかもしれませんが、今の時代、仕事をする上でメールは欠かすことのできないコミュニケーションツールですよね。そして、一筆箋とメールは全く違うようで、とてもよく似たツールなんです。

紙媒体とデジタル媒体、媒体は大きく違いますが、相手に伝達事項や気持ちを伝えるという目的は同じ。一筆箋もメールも短く簡潔に書くというポイントが非常によく似ています。メールは長文の場合もありますが、特に仕事上で使うときは、短く簡潔に書くことが相手にしっかり読んでもらえる最大のポイントといっても過言ではありません。

どちらも書き方のポイントを押さえると、媒体が違うだけで一筆箋を書くときもメールを打つときも同じ感覚で文章をつくることができます。

私も企業で働きながら、手書きの手紙の魅力を伝える活動していることから、実際に仕事上で体験したエピソードや実感した効果などをお話しながら講座を進めました。この講座で学んだことを次の日からすぐにお使いいただけたらと願って。



内容の詳細は、こんな講座です。

【 第1回 一筆箋の魅力と基本の書き方 】
一筆箋の魅力を知り、基本の書き方、選び方、読みやすさのポイント、美しく見せるコツを、実際に一筆箋に触れ万年筆の試し書きやワークなど体験しながら学びました。

【 第2回 シーン別一筆箋の使い方 】
仕事で使うシーンを想定したワークを中心に、間違えやすいマナー(宛名や肩書き、社名の書き方)や敬語、目上の方への言葉遣いなどを学びました。

【 第3回 一筆箋からメールへの応用 】
一筆箋の書き方で学んだことを振り返りながら、基本の書き方、署名、タイトル、レイアウト、言葉遣いなど、より伝わりやすいメールにするためのポイントを学びました。


今回は、少人数ならではのゆったりと温かな雰囲気の講座になったと思います。みなさん、それぞれ会社と職務は違いますが、早速メールの送り方を変えてみたり、一筆箋を使ってみたりしてくださったようで、とても嬉しく思います。新米講師のつたない講座を一生懸命聞いてくださり、本当に感謝しております、ありがとうございました!

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre