おたより〜絵封筒展〜 を観に行ってきました

こんにちは、今日から3連休の方も多いと思います。このお休みにおすすめの展覧会をご紹介します。一昨日「おたより〜絵封筒展〜」を観に行ってきました。

150110_01.jpg


「絵封筒」というのは、封筒の宛名面を一枚のキャンパスに見立てて絵を描くアートのこと。詳しくは、展覧会の会場にもなっているハグルマ封筒さんのコラムをご覧になってみてください、絵封筒の歴史が書かれています。 >>> ハグルマ封筒 コラム「紙と生活」

絵封筒の世界、本やネットなどでは見ていたのですが、実際に見てみると「自由だ!」というのが一番の感想。ここまで自由につくって郵便で送ることができるのね!と思いました。


151010_02.jpg


自由に絵を描くことが苦手な私にとっては、絵封筒はすこし遠い存在…。
様々な絵封筒を観ているうちに少し考え方が変わりました。絵封筒をつくろうとすると、仕事柄どうしても完成度が気になりつくることができず…、シンプルが一番!郵便局の人の作業にもやさしいし!と屁理屈をこねていました(笑)。

でも、相手のことを思い、手紙の内容とのつながりを考えたり、切手や封筒の紙との相性を考えたり…。そんな時間を経てできたものなんだと感じ、絵の完成度よりも、つくっている時間やその時間が手紙に思いをのせる、そのことが大切で素敵なんだと気づきました。


151010_03.jpg


手紙を書くときにいつも絵封筒というわけにはいきませんが、今年は絵封筒にも挑戦してみようと思います。


150110_04.jpg


展示されている封筒ではありませんが、東北にゆかりのある方のチャリティ絵封筒の購入もできます。私が購入したのは、上の画像の5点。洋長3サイズの封筒、柄物は珍しいのでそういった点でも面白いので買ってみました。


「おたより〜絵封筒展〜」の詳しい情報はこちら >>>「おたより〜絵封筒展〜のFacebook

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre