初の監修本、出版のお知らせ

8月25日に、(一社)手紙文化振興協会として初めて監修した書籍が宝島社から出版されました。「愛される女性になる一筆箋の書き方」というムック本です。



私を含む手紙文化振興協会のコンサルタント講師が、初めて監修した書籍です。「プライベート&ビジネス 一筆箋文例集」の部分を監修させていただきました。手紙の書き方コンサルタントの資格取得後、こんなにも早く本の監修というお仕事に携わることができ、実際に本を手にすると、改めて喜びがこみあげてきます。

さて、このムック本、宝島社さんからの出版物らしく一筆箋の付録もついています。永楽屋 RAAKさんの和柄のパンダの一筆箋です。ほんわかした雰囲気のかわいらしい一筆箋です。本を読んだ後、すぐに一筆箋を使った手紙を書いてみることができる、嬉しい付録です。

もちろん付録だけなく、内容も充実しています。

きれいな字をすぐマスターできる富澤敏彦さんの「六度法」を使った文字の書き方や、一筆箋全体をきれいに見せるコツ、一筆箋の選び方も掲載されています。

私たちが監修した部分は、プライベートとビジネスに分かれた様々なシーン別の34文例が掲載されています。文例ごとに、ポイントやアドバイスなどの説明がついていますので、文例をベースとした文章のアレンジもしやすいと思います。

そして、協会の理事長むらかみかずこ先生のインタビューも掲載されていますよ。

一筆箋を使ってみたいけど、どう使ったらいいのかわからない、そんな方の初めの1冊としてもおすすめです。


宝島社「愛される女性になる一筆箋の書き方」のWebサイトはこちら

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre