手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定座学講座(2015.4.18.sat.)

4月18日(土)に「手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定口座(座学)」の講座を行いました。

この講座は、手紙文化振興協会が主催する認定講座で、コンサルタントになって以来初めて担当させていただきました。つい1年前までは、コンサルタント認定に向け講座を受ける側にいたのが嘘のよう。こんな機会をもらえた喜びとともに責任と緊張が…。

今回は3名の方が受講してくださり少人数での講座ということで、終始和やかな雰囲気で進めることができました。

座学では、百聞は一見にしかず!通信講座では体験できないことをなるべく多くしたいと考え、手紙の道具の紹介やワークの時間にも力を入れました。

ワークの時間は、ご自分の中の妄想力と言語力を総動員させて短い手紙や、言葉の表現を学びます。いくつかのワークを重ねると、始めはなかなか進まないペンが突然早く走るようになったり、妄想(想像)することが楽しくなってきます。頭がフル回転してワークが終わると少しぐったりするくらい(笑)。

また、皆さんで共有する時間も充実する時間です。自分が書いた手紙や言葉をひとに見せることは気恥ずかしいものですが、他の人の言葉や表現に発見があったり、感動があったり、そして自然と一体感がうまれるとても楽しいひとときです。

手紙道具の紹介も、実物を見たり触ったりすることで新しい発想が生まれます。何より、手紙道具がたくさん並んでいると、やはり楽しくなります。みなさん、講座の帰りに文房具屋さんに寄って、すぐにでも誰かに手紙を書きたい!と思うようです。

書きたいこと、伝えたいことがあるから手紙を書くのですが、新しいペンや便箋を使いたいから手紙を書くなんてことがあってもいいかもしれませんね。

今回の講座を受講してくださった3名の方、新米講師の講座におつきあいいただきまして、ありがとうございました。何より私が一番楽しく、勉強になった時間かもしれません。感謝!!

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

tag : #手紙 #手紙の書き方講座