おとなの手紙時間

むらかみかずこ先生の著書「おとなの手紙時間」の書き方見本の一部を担当しました。

この書籍、実はむらかみ先生の本の中で装丁が一番好きな本です。もし、自分の著書が出版できる日がきたら、こんな雑貨感のある素敵な本にしたいなぁと妄想しています(笑)。

この本の中に登場する手紙の見本は、手紙文化振興協会認定のコンサルタントとアドバイザーの仲間が、それぞれ少しずつ担当した初めての書籍になります。

私が主に担当したところは「PART4 読みやすい手書きの『文字』のコツ」の書き方の見本です。89ページでは「書く楽しみが広がる道具あれこれ」のコラージュのカードはコンサルタントの勉強をしていたときの課題でつくったお祝いのカードを掲載していただきました。


151209.jpg


また、見本の他に62ページの「コラム3『いつどこにいても、手紙時間を楽しむ』」では、私が普段かばんに入れて持ち歩いている手紙道具も紹介していただきました。

この本は、コンサルタントやアドバイザーの仲間が本の制作に参加していることもお知らせしたい点のひとつですが、手紙文化振興協会がおすすめする、手紙の書き方の基本概念が詰まった本であることもご紹介しておきたいことです。通信講座を修了された方が読まれても講座の内容の復習とまとめになりますし、初めて手紙の本を購入される方にもわかりやすい本になっていると思います。

イメージ写真が多く、やわらかい雰囲気の装丁が、手紙を書くことを楽しんでみようかなぁと思わせてくれる一冊です。

▼ 「おとなの手紙時間」の詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/おとなの手紙時間-むらかみかずこ/dp/4763134620

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

tag : #手紙 #手紙の書き方の本 #手紙文化振興協会

大切なあの人へ ラブレターを書こう!

おはようございます、明日はバレンタインデーですねぇ。

今年は本命、義理チョコ、友チョコブームも過ぎ、自分へのごほうびチョコが流行っているとか…。ごほうびチョコも素敵ですが、一年に一度のこの日に恋人や旦那さん、家族へラブレターを添えてチョコレートを贈ってみては?もちろん、思いをよせるあの人にも…。

と、おすすめしている私もラブレターなんて書いたのはいつのことやら…。

そこで何かヒントがないかと、ラブレターの意味を広辞苑でひいてみました(笑)。

ラブレター:恋文。艶書。
恋文:恋慕の情を述べた手紙。

と、ありました。う~ん、まんまですね。

こんなことをしていたのも、つい先日、手紙文化振興協会の理事長むらかみかずこ先生(私の手紙の先生です)の本「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」を読んでいたからです。

150213.jpg

この本では、一年を通してのシチュエーションと文例が掲載されているので、バレンタインデーに書くラブレターもあれば、母の日や父の日に書くラブレターもあります。近しい人だからこそ、感謝の気持ちや素直な気持ちをなかなか伝えられないこともあります。

そんな方は、イベントにかこつけて、手書きの手紙で思いを伝えてみませんか。「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」を読むと、誰かにきっとラブレターを書きたくなりますよ♪


●Amazonでも購入できます。
「大切なあの人へ ラブレターを書こう!」(原書房 2012.7発行)

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

寒中見舞いや季節の挨拶状の参考にも…

松の内もあけて、お正月気分もさすがに抜けてきたところで、3連休。年賀状を出していない方への返信や、喪中の方へのご挨拶に寒中お見舞いを書こうとされている方もいらっしゃるのでは。そんな時に、役立つ本をご紹介します。

「手書きで心を伝える 一筆はがき 〜開運年賀状〜」昨年10月に出版された、手紙文化振興協会の理事長むらかみかずこ先生の著書です。NHKまる得マガジンのムック本の生活実用シリーズです。

150111_01.jpg

この本、実は年賀状だけではなく季節の便りの文例やポイントも掲載されています。もちろん寒中お見舞いのポイントも!年賀状の時期は過ぎましたが、季節のお便りは一年中あるもの、1冊持っている便利な本です。

まる得マガジンのムック本シリーズ、とっても見やすく簡潔なので気に入っています。何より薄い!というのが読む気にもなりますし(笑)、活用しやすい本です。

>>>Amazonでも購入できます

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

初の監修本、出版のお知らせ

8月25日に、(一社)手紙文化振興協会として初めて監修した書籍が宝島社から出版されました。「愛される女性になる一筆箋の書き方」というムック本です。



私を含む手紙文化振興協会のコンサルタント講師が、初めて監修した書籍です。「プライベート&ビジネス 一筆箋文例集」の部分を監修させていただきました。手紙の書き方コンサルタントの資格取得後、こんなにも早く本の監修というお仕事に携わることができ、実際に本を手にすると、改めて喜びがこみあげてきます。

さて、このムック本、宝島社さんからの出版物らしく一筆箋の付録もついています。永楽屋 RAAKさんの和柄のパンダの一筆箋です。ほんわかした雰囲気のかわいらしい一筆箋です。本を読んだ後、すぐに一筆箋を使った手紙を書いてみることができる、嬉しい付録です。

もちろん付録だけなく、内容も充実しています。

きれいな字をすぐマスターできる富澤敏彦さんの「六度法」を使った文字の書き方や、一筆箋全体をきれいに見せるコツ、一筆箋の選び方も掲載されています。

私たちが監修した部分は、プライベートとビジネスに分かれた様々なシーン別の34文例が掲載されています。文例ごとに、ポイントやアドバイスなどの説明がついていますので、文例をベースとした文章のアレンジもしやすいと思います。

そして、協会の理事長むらかみかずこ先生のインタビューも掲載されていますよ。

一筆箋を使ってみたいけど、どう使ったらいいのかわからない、そんな方の初めの1冊としてもおすすめです。


宝島社「愛される女性になる一筆箋の書き方」のWebサイトはこちら

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用