Oggi9月号別冊付録「Oggi Wedding」(2016年)

Oggi9月号別冊付録「Oggi Wedding」の “ 最旬ウエディングのYELLOW PAGE ” 特集で、両親への手紙を添削させていただきました。

Topics6の “ 結婚式で感謝の気持ちを伝える両親への手紙を感動的にするコツを伝授!“ で手紙の添削という切り口で、結婚式で両親以外にもお客様が大勢いらっしゃる場で手紙を読む、また両親への思いをしたためるヒントのような記事になっています。


Oggi-Wedding-2016.jpg


結婚式での両親への手紙…、かつて私も結婚式で両親へ宛てた手紙をしたため読んだことがあります。自分が読むことになる前は、なんで人前で手紙を読み披露しなければいけないの?そんなの恥ずかしい!と思っていました。とは言え、友人や知人の結婚式で花嫁が読む手紙には、ほぼ毎回と言っていいほど涙しています(笑)。

そんな私が、自分の結婚式で手紙を読むことになったのは神父さんの勧めでした。両親への手紙をあらたまって書く機会は意外とないものです。結婚式という半ば公の場で読まなければいけないという状況でもなければ、今でも書くことがなかったかもしれません。結婚式をいい機会だと思い、両親への思いをしたためることにしました。

しかし、いざ書こうと思うととても悩ましい…。
書きたいこと、伝えたい気持ちはわかっていても、あらたまった手紙、しかもみんなの前で読むことが前提。下手な手紙にしたくない、できれば涙のひとつも誘いたいなんて欲張りな気持ちにもなります。

でも、そんな欲張りな気持ちが強くなりすぎると、いちばん伝えたい気持ちがぼやけて伝わらない手紙になってしまいます。なるべく美しい言葉にしようとか、文例などを検索しはじめて自分らしい言葉がひとつも使われていない、誰が書いたのかわからないような手紙になってしまいます。(というようなヒントやポイントが記事になっています)

私自身が手紙を書いたとき、結婚という人生の節目に両親へ伝えたいことはどんな気持ちなのか、節目だから伝えられることはどんな思いなのかをじっくり考えました。このじっくり考えた時間が、もの心着いたときから嫁ぐまでの両親との思い出を振り返るいい時間となりました。すっかり忘れていたことを思い出したり、自分の中に秘めてきた気持ちと向き合ったり。それを手紙にすることで、より気持ちが整理できたり思い出が蘇ったりします。

両親への手紙で悩まれたら、まず、上手に書くことを考えるのではなく、自分の気持ちに向き合うことや両親との思い出をゆっくり振り返ることから始めるのをおすすめします。結婚式前の花嫁さんは、やることがたくさんあって忙しく余裕のない日々が続きます、そんなときだからこそ手紙を書く時間をつくってみませんか?

Oggi9月号(2016年)



ONKUL vol.4 [2015年 AUTUMN & WINTER]

ONKUL[オンクル] vol.4の2015年 AUTUMN & WINTERの取材を受けました。

「手紙をおくる、心をおくる」特集の、「手紙を書きたくなったら」のページを取材協力をさせていただきました。

ONKULは、ファッション雑誌のFUDGE[ファッジ]から生まれたベーシックを追求するファッションとライフスタイルの雑誌です。この雑誌のトーン、私も大好きなのでとても嬉しい取材でした。


151020_ONKULvol4_3p.jpg


記事の中では、教えてくれた人として登場しています。手紙を書き出すハードルが低くなるようなルール4つをご紹介。もちろん手紙文化振興協会で学んだことがベースになっています。手紙を書いた事例とともに紹介していてわかりやすい紙面になっていると思います。

他にも、手紙道具のことやお店、書く楽しみともらう楽しみをゲストが語っている記事などミニマムながら充実した特集になっています。是非、本屋さんで手に取ってみてくださいね。

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

tag : #手紙

おとなの手紙時間

むらかみかずこ先生の著書「おとなの手紙時間」の書き方見本の一部を担当しました。

この書籍、実はむらかみ先生の本の中で装丁が一番好きな本です。もし、自分の著書が出版できる日がきたら、こんな雑貨感のある素敵な本にしたいなぁと妄想しています(笑)。

この本の中に登場する手紙の見本は、手紙文化振興協会認定のコンサルタントとアドバイザーの仲間が、それぞれ少しずつ担当した初めての書籍になります。

私が主に担当したところは「PART4 読みやすい手書きの『文字』のコツ」の書き方の見本です。89ページでは「書く楽しみが広がる道具あれこれ」のコラージュのカードはコンサルタントの勉強をしていたときの課題でつくったお祝いのカードを掲載していただきました。


151209.jpg


また、見本の他に62ページの「コラム3『いつどこにいても、手紙時間を楽しむ』」では、私が普段かばんに入れて持ち歩いている手紙道具も紹介していただきました。

この本は、コンサルタントやアドバイザーの仲間が本の制作に参加していることもお知らせしたい点のひとつですが、手紙文化振興協会がおすすめする、手紙の書き方の基本概念が詰まった本であることもご紹介しておきたいことです。通信講座を修了された方が読まれても講座の内容の復習とまとめになりますし、初めて手紙の本を購入される方にもわかりやすい本になっていると思います。

イメージ写真が多く、やわらかい雰囲気の装丁が、手紙を書くことを楽しんでみようかなぁと思わせてくれる一冊です。

▼ 「おとなの手紙時間」の詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/おとなの手紙時間-むらかみかずこ/dp/4763134620

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

tag : #手紙 #手紙の書き方の本 #手紙文化振興協会

手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定座学講座(2015.7.18.sat.)

7月18日(土)に手紙文化振興協会が主催する認定「手紙の書き方アドバイザー(R)1級認定口座(座学)」講座を担当しました。

この講座は、2回目。

2回目になると慣れてきて、ほんの少しだけ余裕をもってできたと思います。今回は、お一人の方がコンサルタント講座にも進み、先日コンサルタントに認定されました。

座学講座が通信講座と併設されているのは、テキストと添削でも手紙の勉強はできますが「百聞は一見にしかず」のひと言!テキストやむらかみ先生の著書に書いてあっても、講師の話を実際に聞いたりワークをしたりすることで通信講座で学んだことの復習になり、その学びが肚に落ち理解が深まります。また、対面で接するからこそできる質問もありますし、受講者同士で共有することでご自分の悩みが解消されることもあります。

通信講座から始めると、実際にお会いして学ぶ座学、講座のカリキュラムにあるワークなど、ちょっと苦手だなぁと思われる方も少なくないと思います。講座を行うたびに感じることは、その不安を一歩乗り越えて参加されることで通信講座が活きてくるのではないかな?ということ。教える側の私が言うのもおかしいのですが…。

通信講座を受講されたら、ぜひ時間をつくって座学にもご参加いただけたらと思います。皆さんで手紙の悩みやアイディアなどを共有できる時間にもなりますよ。

日経ビジネス[アソシエ] 2015年7月号

日経ビジネス[アソシエ]の2015年7月号の取材を受けました。

「これだけ違う“書き方の鉄則”通る資料ダメ資料」という特集の、「付箋は『最小のビジネス文書』仕事で差がつく正しい付箋の書き方」というページの取材協力をさせていただきました。

すこし言葉を変えると、付箋は最小の手紙かもしれません。そんな視点と、付箋やペンという文具の選び方の視点、二つの視点から記事が仕上がっています。

150607_日経ビジネスアソシエ

編集者の方と打ち合わせをしながらページをつくっていく時間は、意識はしていても言語化していない行動を整理しながらアウトプウトしていく発見の多い時間でした。

手紙を書くことも自分の中にある様々なものを言語化し、アウトプットする行為のひとつかもしれませんね。

テーマ : 手紙にまつわるetc.
ジャンル : 趣味・実用

tag : #手紙 #付箋 #ビジネス文書